2022年8月31日水曜日

宿題

  私が子供の頃は、8月31日が夏休み最後の日でした。ということは宿題に苦労する日でもありました。現在の宿題事情は知りませんが、絵日記や自由研究など色々ありましたねえ〜!特に苦手なのは絵日記で、まともに毎日書いた記憶はありません。そもそも絵を描くのが苦手だったし、毎日やってないと天気がわからなくなります。今ではGoogle先生に聞けばわかると思いますが、そんなすべはありませんでした。なので適当に書いた日もきっとあったと思います。当時どうやって夏休みを過ごしたかも今では覚えていません。きっと一日中外で遊んでいたにちがいありません。記憶に残っているのはおばあちゃん家のハエトリ紙に頭の髪の毛がくっついたことや、近所の井戸で冷やしたスイカを食べた記憶などしかありません。この前テレビで見たのですが、人間は楽しい記憶は大雑把にしか覚えていないらしいので、きっとあまり記憶にないということは楽しかったんだと思います。

 宿題といえば、NHKのテレビ絵本(当時は母と子のテレビ絵本というタイトルでした)という番組で「いもとようこ」さんの「しゅくだい」という作品が放送され、その音楽を担当させていただきました。ナレーション(語り)は「山瀬まみ」さんで、登場人物の多いこの作品を素晴らしい表現力で語られていました。この絵本はとても素敵で、今でも印象に残っています。忘れられない作品のひとつです。内容は言いませんが、是非子供も大人も読んでもらいたい絵本の一つです。テレビ絵本では他にも結構たくさんやらせてもらってますが、どれも思い出深いものがあります。昔から絵本は大好きだったので、この番組に関わらせていただいたときはとても嬉しかった思い出があります。

 早いもので明日から9月ですね。暑さも落ち着いた気もしますが、今日はまた暑くなるという予報です。昨日は久々に散歩してきましたが、帰りに雨に降られてしまいました。晴れ男の記録が破られてしまいましたが、シャワー程度の雨だったので、そのまま家路を急いで帰ってきました。すっかり空気は秋の様相を呈してきました。季節の変わり目は体にこたえます。みなさんも健康に気をつけてお過ごしください。


相鉄線二俣川駅


 

2022年8月27日土曜日

七つの子

  まだまだ、暑い日が続いていますね。いかがお過ごしですか?コロナもなかなかおさまりません。いよいよ8月も終わりに近づいてきました。ということは、60代最後が終わりに近づいてきているということでもあります。心身ともにあまり変わっていないのですが、元気ですね?という世間の目は相当変わってしまうんだろうなと思います。まだ、テニスはできてるし、変わったと思うのは早寝早起きになってしまったことぐらいかな。テレビを見ていると同い年の人が映った時に、うわ〜老人だという目で自分のことは棚に上げて見てしまいます。まあ、なにがあろと全てを受け入れて過ごして行きます。歳を重ねて悪いことばかりではなく、10月から市営地下鉄もバスも乗り放題になります。(横浜市内だけですが)最初にちょっと支払いがありますが、バス地下鉄移動がすきにできるというのは結構嬉しいかもしれません。

 ということで音楽もまだまだ続けています。大学も今年で終わりですが、今年は前半ギターを教えていて、締めの発表会で学生の一人が「七つの子」を演奏したのですが、それが印象的でYY@Duoで歌ってみようと思い立ちました。誰でも知ってる歌です。ドリフの替え歌でも一世風靡しました。新しく編曲して作って見ました。作詩は野口雨情、作曲は本居長世です。

 今では嫌われ者のカラスですが、当時はそんなに嫌われ者でもなかったのかもしれません。嫌われ者にしたのは、多分現代の環境変化だと思っています。宅地開発で森がなくなり、多量のゴミを出す人間社会がカラスの生活を変化させ、ゴミ箱を荒らされ自分たちの都合が悪くなったことで嫌われ者になったと想像できます。

 里山のなかで森に帰るカラスを題材にしたこの歌はシンプルなメロディーと懐かしくもある風景を表現しています。コードは少しいじっていますが、シンプルさを損なわないように配慮して編曲しました。興味のある人は是非聴いて見てください。Youtubeはこちらです。下の画像をクリックしても聞くことができます。






2022年8月8日月曜日

残暑お見舞い申し上げます

  さて、立秋も過ぎ今日から暑中見舞いから残暑見舞いに変更になります。まだまだ暑い日は続きコロナも収束しませんが皆様ご自愛の上お過ごしください。

 ということで、昔の暦とはだいぶずれてますが一応季節の変わり目です。世界の気候が激変する中世界情勢も不安を残したまま過ぎていきます。私ごとですが、後一月と数日で古希になります。こんなに長く生きる予定ではなかったのですが過ぎてみればあっという間の70年、昭和に生まれ平成、令和と渡り歩いてしまいました。思い返せば凄まじい技術の進化で、今ではみんなが電話を持ち歩く時代になりました。まさに子供時代に読んでいた漫画の未来世界が次々に実現していきます。まだまだの部分もかなりありますが、捨ててきたものもたくさんあると感じています。

 一昨日(2022/08/06)急にトイレがつまり水の流れが悪くなりました。急いで修理道具をアマゾンに注文して、昨日届いたので問題は解消しました。アマゾンの配送の速さはこんな時には便利ですが、翌日届かなくても良いものもたくさんあります。これも技術革新のたまものに違いないと思うけど、そんなに急がなくてもいいですよと思うことも少なくない。

 パソコンも次から次へと新しいものが出来て、あっという間に今持ってる機種が古くなります。私はMacを使ってますが、最初に買ったのはColor Classicという機種です。この歴史を見ても技術革新の流れはけっこうわかったりします。その間にOSも次から次へと変わりました。大きく変わったのはOS-Xが出てからですかね。OS-9が旧機種の最後でしたが、我が家のマックはまだそれが動いて楽譜ソフトが稼働しています。

 音楽媒体もレコードからCD、DAT,MDなどと変化していきました。一応仕事なのでその度に対応する機械を変えてきました。今では配信に変わり録音事情も2Chから倍々に増えていき今では個人でもパソコンさえあれば宅録が容易にできる時代です。専門家から一般市民に市場は変化していきました。媒体変化のきっかけはAppleのiPodが出た時からですかね。CDが売れなくなり、Youtubeが流行り出した頃から動画のバックに使われている曲はループ物にかわり、とたんにつまらない物になってきました。しかし作曲家にとっては、自分の好きな音楽を好きな時に発信できるという良さもあります。どんなジャンルの音楽でもサウンドとしてはそんなに変化していない気もします。時代の変化を鑑みつつ自分の音楽の表現をどうするか考える今日この頃です。

 ここ十数年、教育現場に関わらせていただきましたが、それも今年で終わります。様々な学生たちと会いとても楽しい時間でした。どれくらい自分の音楽のDNAが伝わったかは不明です。新潟で音楽を始め、素晴らしい恩師に出会いました。その音楽のDNAを伝えてきたつもりですが、こればかりは知るすべがありませんね。何はともあれちょっとでも伝わってくれてたらいいなあ〜と思っています。あと半年最後まで気を抜かずに伝えていきたいと思っている今日この頃です。

木漏れ日とノウゼンカズラ


2022年7月26日火曜日

講師半分終了

 暑いですねえ〜暑中お見舞い申し上げます。
 気が付いて見ると今日(2022/07/25)はもう7月の終わりにさしかかっています。2010年から関わってきた大学の講師ですが、今期で定年となります。振り返れば10年以上ですが感覚としてはあっという間でした。その半分(前期)がこれもあっという間に終了しました。何人くらい教えたのか覚えていませんが、積もり積もってけっこうな人数になっているはずです。主に1年生担当だったので、入ってくる子は19歳くらいの若い人たちです。こちらは毎年どんどん歳をとっていってその差は開くばかりです。一緒に入った若い先生たちも10年前と今では環境も変わり、入れ替わりもありました。まるまる12年経って感じたことなどをつらつら書いてみようかと思います。

 学校に関わるまでは、作編曲やらスタジオ仕事で食べていましたがある日勤務先の先生に誘われて関わるようになりました。それまで教育現場というのに出たことは全く無しな生活だったのでけっこう戸惑いました。誰も何も教えてくれないので、少ない脳みそをフル回転して、学生たちに伝えたいことや方法を考え出しなんとかここまでやってきました。

仕事内容は学生に弾き歌い(弾き語り)をわずか30回で教えるというもの。学生の能力は様々で、全くピアノが初めて、歌も素人レベルです。グループレッスンで効率よく短い時間(当時は一回の授業が90分でした)で伝えなくてはなりません。私も教師は素人レベルでしたが!中学生の頃から習っていた田舎の恩師は偉大な先生だったので、助言もいただきながら頭をフル回転して教えてきました。その先生も途中でお亡くなりになりがっくりきた時期もありましたがなんとかその先生の音楽性を元にずっとやってきた気がします。

 最初に教えた学生にも恵まれ、今でもその子たちとは交流があります。先週は前期の試験期間でまたまた色々考えさせられる日が続いています。怖いと思ったのは、初心者でもピアノ経験者でも、教えたことがそのまま演奏に現れるということですね。10年前と今では変わったかといえばそんなことはなく、今でも先生の教え方がそのままみて取れます。教える楽曲はこどものうたが中心なので「ぶんぶんぶん」などの超短い曲からある程度長い「大きな古時計」などの比較的長い曲まで様々です。難しいと思うのは、長い曲よりは「むすんでひらいて」「大きなくりのきのしたで」「ぶんぶんぶん」などの短い曲です。集約された言葉とメロディーをどんな風に表現するかはとても難しい。どれくらい細かく曲を分析できて言葉を表現できるかというのが重要だと私は思っています。一番やって欲しくないのは、ダラ〜っと最後まで演奏してしまうこと、強弱もなくアクセントもない演奏は曲の良さが伝わりません。言葉(詩)から感じる世界観が想像できることがとても重要ですね。学生の能力に関係なく教える側の音楽性も問われます。

 今年は前期のみのギターの授業を4年生に教えました。実質わずか3ヶ月程度です。初めてギターに触る人たちだったので、ギターなんぞ若い時に少しかじった事しかないない私でしたが、22日に最後の発表会をおこないなんとか最初の目標までは達成できたかなと思います。チューニングから始まり(これ結構大切)ポロ〜ンと弾きながら歌うことができるようになりました。前期で終わってしまいましたが、伝えたいことは山ほど残っています。保育系大学でおそらく初めてのトライアル授業でした。ギターの良いところは子供達と向き合いながら歌を伝えられるところです。みなさん頑張って割と難しいと思われる曲を最後の発表会に選択してそれなりに弾けたのが嬉しかった。


前の畑のカノコユリ


2022年7月7日木曜日

七夕祭り

  昨日(2022/07/06)はサラダ記念日(俵万智さんの短歌)でした。めちゃめちゃ流行りました。短歌の革命的な作品で、世の中をあっと言わせました。ギュッとしぼられた言葉は美しいなあとこの時思いました。そして今日は七夕です。七夕に特に思い出はありませんが、日本の行事は良いものです。短冊に一度くらい願いを込めて書いた記憶がありますが、何を書いたのか今では思い出すことができません。さしずめ今だったらコロナの収束と理不尽な戦争が終わりますようにと書いたかもしれません。

 家の周りには竹林がけっこうありますが、今更ですが考えてみると「笹」と「竹」の違いが気になりだしました。竹も笹も同じイネ科の植物です。わかりやすいのは大きさですが、植物学的には違いが色々あるようです。これを機会に調べてみるのも面白いですね。子供の頃に使ったのは本当に笹だったのだろうかと今でも疑問です。まあどちらでも役目を果たせば大丈夫ですけどね。更に気になったのが、七夕伝説です。大体のあらすじは聞かされていましたが、性格な文章は読んだことがない気がします。アレクサに聞いてみたら、あらすじは話してくれましたが、アレクサも登場して若干脚色されていました。七夕伝説はもともと中国のお話だったそうで、日本だけでなく中華圏で季節の節目として行われているようです。7月7日というのは旧暦を指していて、明治の改暦以降は8月15日のお盆の前後に行われるようになったそうです。織姫はベガ、彦星はアルタイルという星であることもことも調べて見て今更わかった。まだまだ知らないことがたくさんありますねえ〜!そんな七夕の日ですがチラチラと雨が降り出しました。今日ははたして星を見ることができるでしょうか?


ヤブデマリ(藪手毬)の実


 

2022年6月11日土曜日

梅雨入り

  気が付いてみれば6月も1/3が過ぎ今日は11日。早いなあ〜!こんな調子で1週間が過ぎていくと人生があったいう間に終わってしまいます。過ごしている日常にあまり変化はありませんが、それでも確実に節目が近づいてきます。歳を重ねてみないと気がつかないことも多々ありますが、世の中はギスギスした世界へと変貌しているような気がします。終わらない侵略戦争や病原菌の台頭、コロナだけではなく他の菌も繁殖してきてますね。人間が作り出した地球温暖化もそんな世の中の悪いことを後押ししているような気もします。子供の頃から見ていると果てしない人間の欲望が戦争を生み、罪もない人たちを殺してしまう世の中が出来上がってしまいました。問題の一つは一部の権力者たちが自分の欲望を膨らませていくということにあります。なんの罪もない未来を担う子供達が死んでいくことになんの呵責も感じないのだろうか?と世の中を見るたびに心を痛める日々です。

 今年もそんな世の中を反映するように、暗くてジメジメとした梅雨がやってきました。雨も必要なものですが、なんとなく気分は晴れません。仕事をする気もなかなかおきない。しかしそういっていては、締め切りが近づいてくる。しかも、仕事のテーマは秋物。さわやかな秋を想像しつつ作らなければなりません。幸い、器楽曲(ピアノ)なので、私が勝手に作ったテーマを思い描いて作れば、それなりに聴こえてきそうなのでなんとかなりそうな気もします。この仕事は年に数回あるのですが、すでに覚えているだけで100曲を超えてます。よく続いているなあ〜と自分でも感心します。タイトルさえ決まればそんなに苦ではなくやってきましたが、最近歳のせいか、苦しむこともしばしばです。大体はタイトルで悩んでいます。そんなこんなで梅雨もそのうちあっという間に過ぎていくんだろうなあ〜と思う今日この頃です。

 

雨上がりの庭


2022年6月1日水曜日

水無月

  今日(2022/06/01)から6月ですね。タイトルの水無月は現在の7月〜8月を指すそうで、梅雨がおわり田んぼの水が干上がることから、水も無くなる(干上がる)ほど暑い季節ということで、水無月となったらしい。現代では6月はこれから梅雨という時期でなので旧暦とは符号しなくなりました。むしろ線状降水帯などがやってくるほど熱帯化しているのは歴然です。昨日は沖縄に線状降水帯がやって来てすごい雨が降り水浸しになったというニュースを見ました。いつの頃からか熱帯のような雨が降り注ぐ気候に変化してしまいました。アメリカのテキサスに通っていた頃、こういう雨を経験していましたが少なくても1998年頃、日本ではこんな雨の降り方をしていませんでした。地球温暖化が進み気候もどんどん変わって来ています。地球が壊れて行くのを感じてしまいます。

 そんな6月の始まりですが、そろそろ衣類の入れ替え時期ですね。これからどんどん暑くなりそうです。梅雨の始まりでもあります。さっさとやらないと着るものに困ったりしますが、なかなか作業は進みません。

 昨日でホームページを閉じました。そろそろいつかはわかりませんが人生のゴールも近づいている気がします。元気なうちに色々やっておかないといけないこともたくさん出て来ました。断捨離もやらなければいけないし、今のうちに引き継いで置かなければならないこともたくさんあります。まわりの人間模様もあの世に引っ越す人がたくさんいます。自分の人生がどれくらい残っているのかわかりませんが、わからないだけに徐々に進めておこうと思う今日この頃です。

 さて、昨日は傘もささずに出かけられましたが今日は天気が良いようです。昨日か一昨日「おはなしくんぺいさん」の5作目が完成してYoutubeにアップされています。おはようどうわから抜粋しての「はね」という童話です。くんぺいさんのシンプルな絵に音楽をつけさせていただいています。小渕沢にくんぺい童話館があり、そこに行くとくんぺいさんに会える気がします。若くして亡くなられたくんぺいさんですが、こんなふうに生き続けるのも素敵だなあ〜と思います。くんぺいチャンネルはこちらです。

 今日は田舎の合唱団指導の日、コロナでずっとお休みしてました。2年ぶりに始まりましたがまだまだ本格的にというわけにはいかず、毎週から2週間に一度というペースに変更しての活動です。恩師から引き継いでリモートでの指導ですが、なんとかできてるデジタル時代、Wi-Fiの関係で不具合もありますが楽しい時間です。

 このブログもあまり更新してませんが、今日からホームページがわりに使っています。時代も環境もかわりつつありますが残りの人生を大切にして生きたいと思っています。


動物園に咲いていたサラサウツギの花