2020年9月22日火曜日

お彼岸

  またまた季節は進み、世間はお彼岸の連休。昨日(2020/09/21)は敬老の日ということで孫と過ごした一日でした。あっという間に大きくなって来年は中学生。撮り鉄らしく電車にめちゃ詳しい。普段一緒に住んでるわけでもないのでたまに来られてもどう過ごして良いのかわかりませんが、私も電車写真は嫌いではないので40分歩いて撮影スポットに案内したら高評価で喜ばせて上げることができました。敬老の日なので喜ばせてもらうのはこちらなんですが(笑)。そんなわけで彼は電車にめちゃ詳しい。わからない車両があったら彼に聞こうと思います。私も電車を取りつつ蝶と花も取ることができて満足な秋の一日でした。

 さて本来なら今日(2020/09/22)から大学の後期開始でしたが、スケジュールが変わって24日が開始日になりました。後期も私の授業はリモートです。声も出すし狭い部屋だしコロナにとっては好条件になってしまう授業なので、しょうがないですね。かわいそうな1年生ですがもともと音楽の技能は自分で練習するしか上手くなる手段はないので、そういう意味ではあまり問題ありませんが、声の出し方の部分ではあまり上手く指導してあげられないのがとても残念です。それでも時間は進み後期もそんなに回数がないので、1日だけでも対面があったらいいなあと思う今日この頃です。

 それにしてもこの連休の人出はすごい。大丈夫なんでしょうか?昨日孫と歩いていても堰を切ったように人は多く歩いていました。幸いあまり人に会わない経路を選んで撮影場所に行きました。個人の感想ですが、出かけたい気持ちはわかりますが気をつける気持ちも大事ですね。共生して生活していくしかないこの状況!油断せずに過ごしましょう。

YY@Duo (湯原千史&悠木昭宏)ラインナップ

ちいさなて」「だいすきなあさ」「たのしかったらバイバイバイ」「ほしひとつ

大きな古時計」「チキンダンス」「星空カーニバル


相鉄線10000系


2020年9月17日木曜日

9月中旬

  最近出かけたのは、9月10日の理髪店、あれから1週間、昨日の月一の病院チェックと週一のテニスくらいです。その間に月日はすっかり進み、季節も少し秋の雰囲気になってきました。セミの声もか細く聞こえてきます。朝の夜明けも今日は5時29分だとアレクサが教えてくれました。朝晩もめっきり過ごしやすくなってきました。そこはちょっと嬉しいですね。世の中はコロナを利用しつつ行われた出来レースの自民党総裁選で賑わっていますが、ミエミエの茶番劇に飽き飽きしながら秋が進行しています。今回の政権は、困ったことがあったらまず自分でなんとかしろ、という上から目線の考えらしい。

 さて、もうちょっとすると大学の後期授業が始まります。大学にも行けない1年生たちの心情を考えると心痛いものがあります。学生たちに何が効率的にできるかを考える毎日です。準備も万全とは言えませんが、伝えられるものを日々メモしつつ精一杯サポートしてあげようと思う今日この頃です。

 おかげさまでこのブログもアクセスが1万人を超えました。大したことも書いてないこんなブログを読んでいただけるなんて幸せです。最近は写真を撮りに行くこともままならず、同じような写真をFacebookにあげています。コロナも決して収束しているわけではなく、家の近所の施設でもクラスターが発生して予断を許しません。一番近いスーパーでそこの人たちがよく買い物をしています。気をつけるに越したことはありませんが、過剰な反応も問題ありなのかもしれません。世の中全体でストレスが蔓延しているような気がします。音楽は何か役に立つんだろうか?と疑問を感じつつ、新たの曲作りもやって行きたい今日この頃です。悠木昭宏関連の音を公開しています。コロナ禍で生まれたユニット「YY@Duo」も少しづつ音を増やしています。多分元気が出ます。聴いていただければ幸いです。

だいすきなあさ たのしかったらバイバイバイ チキンダンス 大きな古時計 

ほしひとつ(Chorus Ver)  星空カーニバル ミルクは元気たまごも元気(9人で歌ったVer)

長い間楽しめるサルスベリ、まだまだ綺麗です。



2020年9月1日火曜日

だいすきなあさ

  なんと、あっという間に9月になっちまいました。相変わらず私はステイホームを実践しています。9月後半からはまたまたリモート授業が始まります。音楽授業の性質上コロナ対策でのオンライン授業は避けられないということで後期も対面授業はボツになってしまいました。コロナ禍においては賢明な対策だと思います。そんな中、学生が不利益にならないようにどのようにしたらいいかを考えつつ後期の授業計画を考えています。学校で使ってるテキストの中に私の曲が2曲入っているのでその音源を作ろうと思いつき、只今製作中!!昨日1曲は完成させてYoutubeに載せました。テキストのために作った曲なので、今までは楽譜のみでしたが初音源を完成させました。それがこちらです。YY@Duo 「だいすきなあさ」Youtube!!

 朝起きて見たら地面が濡れていました。久々にちょっと潤った感じです。昨日の夜は(2020/08/31)すごい雷で天気は荒れ模様でした。これで少しは暑さも和らいだ感じですが全然油断はできません。それにしても1週間が早いですね。そうこうしているうちに社会では次の総理選びで騒いでいますが、相変わらずの出来レース予想!期待も何もありません。

 みなさん毎日何を食べてるのでしょう?朝は決まっているのですが、お昼と夜に食べたいものがなかなか見つかりません。作ることよりメニュー選びに悩む毎日です。

 最近、Windowsパソコンをいじる機会があって、触ってますがなんという面倒臭いOS、MacFanの私としては、みんなよくこんな面倒臭いものを使っているなあ〜と思う今日この頃です。触るたびに単純明快なMacのGUIが楽チンです。



2020年8月25日火曜日

ヒグラシがやって来た

  今日は8月25日、2月にコロナ騒ぎがクローズアップして来てすでに半年が過ぎてしまいました。世の中は一変し、社会の良いことも悪いことも含めて様々なことがあぶり出されて来ました。これから人間がコロナの中でどう社会を形成し、生きていくのかが試されています。私は自然界が人間に与えた警鐘だと思っています。今まで気づいて来た効率優先の社会も根底から覆され、あらゆる物にそのあり方が問われています。街中ではマスクをしている人が行き交い、一見何も変わらずに過ぎているように見えますがジワジワと心の奥底にまでコロナの影響は侵食して来ています。

 音楽界も、今まで普通に出来ていたことが出来なくなり表現も仕方も変わらざるを得ません。そんな中でどういう風に生きていくのかずっと考えています。大学の授業も尋常ではない変わりようです。人が集まれないというのはこんなにも大変なことなのか、というのを実感させられます。今まで接触でしか出来なかった教える、教わるという行為も出来ません。オンライン授業という選択肢を余儀なくされてどうやったら伝えられるかを考えつつ、そのための準備をして、始まりました。私の場合は、今までやって来たことが幸いして本や音資料は山のようにあったのでかなり助かってはいますが、それでも周りの協力を得てなんとか資料を揃えました。どうやら後期もオンラインになりそうなので今に止まっているわけにもいかず、先を見据えて伝えられることを作らないといけません。9月中頃から始まる予定なのでそろそろ準備をしようかと思っています。

 間も無く9月がやって来ます。9月は誕生月です。末の方ではありますがうかうかしてるとあっという間にやって来ます。またひとつ歳を重ねてしまいます。人間が決めた区切りではもうすでに老人です。本人の中では多少の体力が衰えたとはいえ、気持ち的にはそう変わっていません。とはいえ、テレビのニュースで出てくる同年代を見ると「ああ、老人だなあ」と気づかされます。残りの人生も短くなって来ましたが、今できることをやっていくしかないので、気負わず淡々と生きていこうと思います。


我が家の楓にやって来たヒグラシ




2020年8月16日日曜日

お盆の終わりに

  お盆が終わりました。今年は墓参りもできず家で過ごしました。という世間並みのお盆ですが、そもそも帰省は昔からずらしていました。日本中が休みの中、わざわざ渋滞の混雑の中帰る気はせず自由業の特権でみなさんが帰る頃、田舎に向かうというスケジュールもいつも組んでいました。

 目の前にある仏壇と対峙して、過去を振り返りあの頃はというような昔話をするのもなかなかいいもんだと思う今年のお盆でした。変えられない自分史を振り返り、人生の中で遭遇した分かれ道を考えてみる。そこで選んだ方の道は果たして良かったのかどうかわかりませんが、それが現在の自分を形成しています。こんなことを考えるようになったのも老人力のせいですかね。

 さて、体が悲鳴をあげそうな暑い日が続いていますね。立秋が終わったのでもう残暑と言われても夏真っ只中という気分です。今日(2020/08/16)は朝から31度もあります。こんな風に暑くなったのは日本中のクーラーのせいだと私は思っているのですが、クーラーなんてものがなかった時、道路に打ち水をして過ごした頃が懐かしく感じます。もしかしたら、子供の時に感じた気温と今感じる気温は違っていたのかもしれません。子供の頃は気温も大して気にしていなかったし、そもそも存在すら知らなかった。そういえば昔の寒暖計は水銀を使ってましたね。間違えて割ってしまうと小さな玉になりコロコロと転がる液体を興味を持ってみていたのを思い出します。

 写真は、木の二股に生えていた「コケ」、涼しげな風景ですが人生の二股を連想してしまいました。自分の歴史を自然のまま受け入れる、自分が選んだ道を信じて生きる。これからもそんな風に生きてみたいと思う今日この頃でした。

Youtubeでカバー作品を配信しています。

みんなで歌ってみた「ミルクはげんき タマゴもげんき

YY@Duo(ワイワイ・アット・デュオ)「星ひとつ

YY@Duo(ワイワイ・アット・デュオ)「星空カーニバル

YY@Duo(ワイワイ・アット・デュオ)「大きな古時計

YY@Duo(ワイワイ・アット・デュオ)「チキンダンス

二股の木に苔が涼しげです

2020年8月7日金曜日

残暑お見舞い申し上げます

 季節の移り変わりは早いもので、今日(2020/08/07)は立秋です。感覚から言えばようやく梅雨が明けたばかりです。時候の挨拶も今日から「残暑お見舞い申し上げます」となるらしい。私の中では全然そんな気分ではなく、これからが夏本番とい感覚になっている。ただ座っていても汗がジワ〜っと出てくる暑い日が続いています。毎日のシャワーは欠かせない時期ですね。コロナに加えて熱中症も増えているようです。みなさま気をつけましょう。
 何もしないというよりは、菌をばらまかせる政策の日本政府とそれを止めようとする地方自治体の戦いが繰り広げられていますが、どちらを応援するべきかは自明の理です。自分で自分の身を守りましょう。移らない移さないが基本の生活を自分で確保するようにするしかありません。
 さて、どこにもいかない毎日ですがどうやら大学の後期もオンライン授業になりそうです。伝えられること、伝えきれないことを少しまとめて見ようかと思っています。人との繋がりが現実に絶たれた今、この日本の過剰すぎるプライバシーが壁をさらに加速させているように思ったりします。都合の悪いことが起こるとなんでもかんでもプライバシーを持ち出して片付けようとしてしまう風潮!とても気になります。学生の中で一人だけ顔を出さない学生がいます。オンラインで対峙する時、声だけでは計り知れない壁を感じます。人間は相手の表情も読みながら五感を働かせてコミュニケーションをとってます。それでようやく今言ってることは伝わっているんだろうかというのがわかりますが、学校からはそこは強要しないように言われているので(これも変だと感じています)無理に強要はしていませんが、できるならちゃんと顔をだして欲しい!この学生は将来、子供達の前に立つ人です。実社会を形成するにはこんな選択肢はないはず!この先顔を出さずに先生になることはありえません。オンライン授業が始まるときにそのことはきちんと学生に説明して受講の仕方を説明するべきだと私は思っています。
 写真はテニスコートから見えるみなとみらいのビル群です。磯子区にある岡村公園。あまりここではやらないのですが、たまに行くとこの景色を見ることができます。みなとみらいにはコロナが始まってからというもの、全然言っていません。まあ、こうして遠くから見るのも良いもんだ、もうしばらく我慢して見ようと思う今日この頃でした。

星ひとつ(コーラスバージョン)はこちら



 

2020年7月29日水曜日

7月の長雨

 梅雨の時期が長引いています。カッと照りつける太陽が恋しい季節ですが、なかなか晴れてくれませんね。さすがに、コロナと長雨のステイホームもなんだか嫌になってきます。ここのところやる気が失せてきました。オンライン授業で準備に紛れて忙しくしていましたが、ここに来てちょっと失速!散歩もできず気が晴れません。ちょっとの貴重な晴れ間を利用して歩いてはいますが、なかなか出られる日がありません。ということで、少し休憩しようかなと思う今日この頃です。
 そんな中でも、少しづつYoutubeに作品を増やしています。絵を描いて、たまに動かして見たりしておかあさんといっしょで放送され、作曲や編曲で関わった曲を中心に過去の作品をリメイクしています。

ミルクはげんき タマゴもげんき 作詞 新井紀子 作・編曲 悠木昭宏 
星ひとつ 作曲 坂田おさむ 作詞 神崎ゆうこ 編曲 悠木昭宏(ピアノバージョン)
星空カーニバル 作曲 林アキラ 作詞 冬杜花代子 編曲 悠木昭宏

で、ついでに授業の視聴用に用意した、「大きなふるどけい」などを作って見ました。少しづつ増やしていこうかなと思っています。まあ、ずっと家にいるので時間はたくさんあります。まだ発表していない曲も結構あるのですが、発表できないものも多く徐々に作っていこうかなと思っています。

 そんなこんなで遊んでいるうちにもう7月も終わりに近づいて来ました。早いですね。コロナが始まってからあっという間に半年を過ぎ、いつ終わるかわからないコロナに怯えつつも日本政府のアホさ加減が暴露され続け、世界でも多くのリーダーの優劣も証明されています。
 大学のオンライン授業は続き本当に新入生はかわいそうな環境にあります。青春の真っ只中でせっかく入学した大学にも行けず、我々のような実技系の授業はコロナの中では一番やっては行けない部類に属しています。それを考えれば仕方ないことなのですが、感染を考えるとオンラインが正解かなとも思います。間も無く前期授業も終わりますが、後期もできるのかできないのか見通しが立たない状態です。誰も経験したことがないオンライン授業もなんとか進んでいますが、できることや出来ないことが結構クリアーになって来ました。
 まあ、色々ありますが学生のマイナス面が出ないようにこれからも考えていきたいと思っている今日この頃です。

夏の楓