2021年10月5日火曜日

神無月(10月)

  なんと、本日(2021/10/05)朝起きていつものようにFBに投稿しようとクリックしたら、アクセスできませんという表示が現れた。なんどやっても同じでした。みんなあくせすできるのかなあ〜?と思っています。yahoo ニュースにも何も出てないし私だけなのかと思ってしまいます。怒らせるようなことを書いた覚えもないし、何が起きているんだろう?検索した結果やはり障害が起きているようですね。今、ラジオのニュースでも言ってました。まあそのうち直るでしょう。ということでブログを書いています。私だけでなくてよかった!そんな10月05日の朝です。

 いつも言っていることですがもう今年も10月、後3ヶ月を切りました。1年が早すぎますね。今週の金曜日から対面授業が始まります。コロナの心配はありますが、ここのところの減り方は変だと思ってます。オリンピックの時も思いましたが、自民党の総裁選や衆院選挙など政府のゴリ押しが始まると感染者数が減ってくるような気がしてきます。

(あくまでも個人の感想です)

 さて、今日はもう火曜日一年も早いけれど一週間も早い。豆腐屋さんのやってくる日です。何気ない日常ですが、水曜日に来ていた魚屋さんが亡くなって一週間ののルーティンが変わってしばらく立ちます。けっこう移動販売は便利です。八百屋は火、木、土とやってきます。最近はスーパーで魚を買ってきています。昨日の晩御飯は焼き鮭にキノコとピーマンを添えて作りました。

 なんでもない私の日常ですが、昨日は古新しいカバーソングをYoutubeにアップしました。おかあさんといっしょの月歌で残したいものを発表しています。

YY@Duo カバーソング 「風のおはなし」作詞・作曲 坂田おさむ 

YY@Duo オリジナルソング 「なくのっていいね」作詞 さいとういんこ 作曲 悠木昭宏

YY@Duo オリジナルソング 「Ketchup Hero ケチャップマン参上!」作詞 さいとういんこ 作曲 悠木昭宏

悠木昭宏 オリジナルアルバム 「Blue Sky」作曲・制作 悠木昭宏 各種配信サイトで購入できます。

ひがしくんぺい作 おはようどうわより「ひるね」ナレーション 田上ひろし 音楽:悠木昭宏


秋です。ススキです!


 

2021年9月24日金曜日

くんぺいさんと私

  大学生の頃けっこうアマチュア無線にはまっていた。絵本作家でもあり童話作家でもあった東 君平さんの作品に出会ったことにアマチュア無線が関係している。無線で知り合った女の子がいたのですが、彼女と意気投合して、夜な夜な話をしていた時期がありました。声しかしらない人でしたが、いろんな話をしていた時に絵本が好きでという話にあり、こんな本があるよと教えてもらったのがくんぺいさんの本達でした。

 書店に行っては絵本だったりショートショートの童話だったりを買いあさりすっかり虜になってしまいました。その頃からずっとファンだったのですが、時が過ぎて話す相手もいなくなりそのまま過ぎて行った青春時代。私が新井薬師に引っ越してしばらくすると新しい喫茶店がオープンして、毎日のように通っていました。そこの常連さんと仲良くなりあれこれと話すうちに、「こんな人知ってる?」と聞かれ、そこにでた名前が東君平さんでした。なんと君平さんのお家は新井薬師にあって、けっこう近所に住んでた事にその時不思議な縁をかんじた事を覚えています。その時は残念ながら君平さんは若くして亡くなられていたのですが、ずっと憧れていた人がこんな近くに住んでたんだと思うとなにか不思議な感覚です。

 君平さんには二人のお嬢さんがいらっしゃいました。本の中の一冊に、お嬢さん達と西表島に行った時の紀行があります。童話ではありませんがその本も大学生の時に面白く読ませていただい記憶があります。長女の菜奈さんのお名前も記憶していたのですが、奥様にあった頃娘も絵を書いていると言うお話をさせていただき、私の楽譜集の表紙をお願いしたことがあります。度々個展にも行かせていただき、それからは菜奈さんとも仲良くさせていただいていて、西表島に行った菜奈さんとお知り合いになれた事にも不思議な感覚を感じます。

 その後、奥様がくんぺいさんのために小渕沢に「くんぺい童話館」というのを開設されてここにくんぺいさんの作品が集められています。私もけっこう本を持っていたのですがもちろん知らない本もたくさんあり、何度か行かせていただいてさらにファンになってしまいました。菜奈さんが結婚された方は「スーパーエキセントリックシアター」の立ち上げメンバーでもある役者の方でCMなどでもお見かけする、田上ひろしさんという役者さんです。菜奈さんから頼まれてシャズの歌を勉強したいということで、音大時代の友達を紹介したりしてその縁でまた仲良くなりました。

 今回こんな話をさせていただいたのは、田上さんといっしょに君平さんの作品を残そうというプロジェクトにお手伝いさせていただく機会を得たからです。大学時代にファンだった君平さんの作品に関われる事に喜びを感じています。その第一弾「ひるね」という作品が出来上がりました。ほのぼのとした内容です。音関係を担当させていただいてお手伝いしました。ほのぼのできるくんぺい作品を皆さんに是非ご覧いただきたいと思っています。

東君平作 おはようどうわ より 「ひるね」ナレーション 田上ひろし




2021年9月1日水曜日

誕生月9月

  残暑厳しきおりという挨拶で始めようと思ったら、今日(2021/09/01)の予報を見ると最高気温23度と急に涼しくなりました。昨日まで暑くて辟易していました。まだぶり返すとは思いますが涼しいことは良いことです。今月は誕生月でもあります。最後の方ですが!!また一つ歳を重ねるのかと思うとその早さに辟易します。そうはいっても、それは社会的な時間軸の中で表現される区切りであって、自分の中ではたいして変わっていません。体は無理がきかなくなっていますが、けっして若いつもりでいるわけではなく、思考は大して変わらないものなのだということをこの歳になっても体感しています。変わったことといえば、目が悪くなったり耳鳴りがしたり、登りきれた階段の途中で休憩を入れてしまうくらいなことでそう取り立てて歳をとったという気分にもなれません。思考も経験値が増えた分判断力が少しおおらかになって来たような気もします。物忘れは多少あります。

 さて9月になりましたが今年も残すところ4ヶ月。コロナで明け暮れた8ヶ月でした。去年から教える仕事はすべてリモートになり、この先もどうなるか全く予想できません。日本の何もしない政治力によってますます悪い方向に向かっているのはみなさんご存知の通りです。身近にも感染者が迫ってきています。もう誰がかかっても不思議でもなんでもない状態が続いています。かかっても病院に入れない昨今です。それが何より気がかりですね。

 コロナの中、教えていた田舎の合唱団も中止になりはや1年以上治療薬でもできない限り再開は無理だと思っています。楽しみの一つを奪われ、去年の8月から始めたのが子供の歌を歌うユニットYY@Duoです。自宅で作品は完結できるので相変わらず続けています。作品もカバーものやオリジナルも含めてだいぶできてきました。あたためてきた曲も世の中に発表できる昨今の事情はとてもありがたい感じがします。昨年の暮れにアルバムのオファーもいただきそれも作ることができる環境になりました。レコード、カセット、CDと行った媒体がだんだん衰退していき今ではファイルのダウンロードだけという形態にかわり、こちらもその都度環境になれなくてはなりませんが、コロナのせいで思い切ってネットにシフトできてよかったのかもしれません。

 ここにきて今まで使ってきたコンピューターが少々歳をとり古くなりました。そろそろ買い替え時ではありますが、なんとかやりくりしてできているのともったいない精神が働いてなかなか変える勇気もわきません。まあ、宝クジでもあたったらサッと変えようかと思っています。というわけで、近々に発表した作品を2曲ご紹介します。是非聴いていただければ幸いです。今年の学生の中にめちゃ歌がうまい子がいました。一曲はその子にも手伝ってもらいさらに、今まで私が作っていたなんちゃってな絵も別の学生に手伝ってもらっています。みんなで作るのもなかなか楽しい作業です。

その1  8月11日に発表 おかあさんといっしょカバーソング「夢の中のダンス

作詞・作曲 坂田おさむ 編曲 悠木昭宏
歌:YY@Duo with kotomi イラストmomoka

その2   8月24日に発表「なくのっていいね」オリジナル曲です。
作詞 さいとういんこ 作・編曲 悠木昭宏
歌:YY@Duo ジャケット作画:momoka

その3  8月02日に発表した「Ketchup Hero ケチャップマン参上」オリジナル曲です。

作詞 さいとういんこ 作・編曲 悠木昭宏
歌:YY@Duo ジャケット作画:momoka

*曲名をクリックしていただくと聞くことができます。






2021年8月2日月曜日

Ketchup Hero ケチャップマン参上!

  去年の緊急事態宣言ではじめたYoutubeへの投稿!おかあさんといっしょのカバー曲「ミルクはげんき たまごもげんき」みんなで歌ってみようシリーズ。昔の曲ですが今でもカラオケで歌われているようです。ありがたやと思いつつたくさんの人の協力で久々にカバーしました。その後たまたま子供の歌を歌うユニットYY@Duo(ワイワイアットデュオ)を結成してカバー曲やオリジナルをアップしてきました。 YYの由来は、明るく元気な湯原さんと悠木の頭文字をとって命名しました。あれからたったの1年ですが、曲も結構溜まってきてたくさんの人に見てもらえるようになりました。これもありがたいことです。

 そんなことをきっかけに、仕事をネット関係にシフトしようかなと思っていた時に、アルバムを作りませんかというオファーを頂いて昨年の12月くらいから10曲を作り始め今年4月におおよそのネット販売チャンネルにアップされて今に至っています。自分の好きな音楽を好きなように作ったものが販売されるというのはありがたいことです。ただいま第2弾のアルバム制作をしていませんが、注文ではなく好きなものを作ると言うのはけっこう遅々として進みません(笑)こう言うのを作ってと言われた方が仕事としては楽ですね。AppleのiTuneが始まってCDの売れない時代がやってきてあっという間に世界中を席巻してきました。いつまでもCDに頼っていた時代は終わったんだなあ〜とかなり前から思っていましたが移行期にはまだまだCDも少なくなったとは言えそこそこ仕事はありました。しかし時代の流れには逆らえませんね。

 ということで今日の本題!実はまだまだ眠っている曲もあるので、その中の1曲をリリースすることに!ブログ表題の 「Ketchup Hero ケチャップマン参上!」という曲をYoutubeにあげてみようかなと思い立ち、準備をしてきました。作った時は知らなかったのですが、どうもすでに「ケチャップマン」という絵本?があるらしいのです。この曲はまったく関係なく作ったものです。決してパクったわけではありません。あしからず!!

 制作にあたって、Youtubeにあげてる曲はほとんど私が下手くそな絵を描いてジャケットにしているのですが、ようやく協力者が見つかって思ったジャケットもこの曲から使えるようになりました。保育者の卵の音楽を教えている方に描いてもらった絵です。これが素晴らしい私が思ったイラストを描いてくれます。全部差し替えたい感じなのですが、まあそれはご容赦願うとしてコンビを組めたらいいなあ〜と思っています。

 Ketchup Hero ケチャップマン参上!はこちらです。ぜひ皆さんにお聞きいただければ嬉しく思っています。

Ketchup Hero ケチャップマン参上!



2021年7月17日土曜日

もうすぐ夏休み

 昨日(2021/07/16)今年の前期授業が終了して試験期間に突入しました。採点が終わると長い夏休みに入ります。前期もずっとリモートで学校に行くことはありませんでした。さすがにここまでくるとなんだかなあ〜という気になりますが、しかたのないことですね。世の中がすっかり変わったので生き方も変えていかなければなりません。昨年はじまったパンデミックはガラッと世の中のあり方を変えてしまいました。インターネットのおかげで、なんとかここまでやってこられましたが、もしもネットがなかったらどうなってたかを考えると恐ろしい気がします。
 しかし通信環境はあくまでも一つのツールなので、人によって内容はやはりその人の能力に比例します。本来持っている考える力や、想像力と創造力が試されます。ツールをどう使いこなせるかでもこの世の中を生き抜くことが不可欠になってきます。それが今だにできていないのが今の政府でありこの国のトップです。
 人は今までのルーティンをなかなか変えることができません。音楽業界がデジタルに移行し始めたのは1970年代あたりからです。冨田勲さんがシンセサイザーと出会い使い始めたのが1972年くらい、その後YMOが1978年ころに出てきました。確か私が大学生の頃に富田さんのシンセ音楽に出会いましたが、衝撃的な出来事ではありました。スタジオ仕事を始めた頃は既にマルチトラックがで始めた頃で4Ch(チャンネル)から8、16Chへと倍々に増えていきました。あっというまにアナログ録音からデジタルになり、さらにコンピューターに変わっていきました。思えば激動の時代をいきてきたなあとつくづく思います。2Chの時は録音してしまえばおわりですが、マルチになるとその分TD(トラックダウン)などの作業が増えて行き、本当に便利になったのかといえばいささか疑問でもあります。今ではさらに下手くそな歌手の音程なおしなど作業が煩雑になっています。今では気軽にパソコン一台あればほぼできてしまうという超便利な世の中になりましたが、古い人間にとっては常に対応していかなくてはならず、それも結構負担ではあります。おかげでそんな歴史を見た人間からすると世の中の変貌はめまぐるしいものではあります。
 音楽メディアも、レコードからカセット、CDやMD、DATなど様々に変化してきていまではどれもなくなり配信という形になりました。作品そのものを作るのは超アナログですがそれを表現するメディアはファイルという形になってしまいました。ガシガシ仕事をしてた頃はCDが主流で、スコアーを作れば済んでいた仕事は終わっていましたが、だんだんとコンピューターの知識が必要になり、さらには楽器全般の打ち込みへと変化しています。余計なことが増えているにも関わらず値段は安くなり、生活は厳しいですね。しかし、好きなものが好きなようにできるという利点もあります。去年くらいから世の中に対応すべく配信へと変化することに決めて活動しています。
 さてそんな事とは無縁に普段の生活は淡々と過ぎて行き、今年も後半分も無くなってきましたね。コロナコロナと言っているうちにあっという間に過ぎて行きます。昨年親友を亡くしてしまいましたがまだお墓参りには行くにはこの感染状況はリスクがあります。あれからまだ一年も経っていないのですがなんだか遠い昔のようにも感じます。正確な死亡日はわかりませんが、勝手に10月12日と命日を決めています。

緑井囲まれたいつもの散歩道


 

2021年7月4日日曜日

梅雨から夏へ〜待ってます

  もう7月に入ってしまいました。季節の進み具合もとても早く感じます。今日(2021/07/04)はアメリカの独立記念日ですね!テキサスに行ってた頃この日になると花火が打ち上げられるということで、みんなが集まって花火を鑑賞していました。普段人に会わないような田舎町だったのですが、この日になるとどこからともなく集まってきて広い会場もいっぱいになるという不思議を体験したことがあります。日本の花火に比べたらなんだかなあ〜という感じでしたがそれでもみんなお祭り騒ぎで楽しかった思い出があります。

 なかなかブログも更新していませんが、気がつくと季節が変わっていくという感じです。ステイホームで全然でかけていませんが、きょうは野暮用があり久々に電車に乗って都内へ!6時半にでかけます。最近リバウンド状態なのでちょっと怖い感じですね!神奈川県は相変わらず200人ごえでこちらも怖いですが、ちっとも減りません。的外れな対処しかしない政治家にはあきれますが、そんなことに腹をたてても無駄な労力なのでもう半ばあきらめています。

 今年の学生たち、私のクラスはなかなかすごい人がたくさんいてとても嬉しい授業になっています。それぞれの声で歌ってくれますが、魅力的な歌い方や表現を楽しませていただいています。ピアノ超初心者の人でも、歌がいいなあ〜と思う人だったりします。ピアノと歌の両方がとても上手い人もいたりして授業が楽しみな年になりました。一人飛び抜けた人がいますが、どんな人生を歩んでいくのか想像するだけで楽しい!今日この頃です。


我が家に咲いたネジバナ


2021年6月15日火曜日

またまたお別れ 合掌!

  私の人生の中で師匠と呼べる人が4人います。田舎で一から音楽を教えていただいた、押見先生、大学で作曲を教えていただいた溝上先生、そして大学後半からお世話になった筒井広志さんと小林亜星さん。筒井さんはかなり前に亡くなられ、次に溝上先生、そして大恩師である押見先生が亡くなられました。唯一残っていた亜星さんが、今年ついにあの世に引っ越しされて、師匠と呼べる人をついに失ってしまいました。考えてみればそんな年代に突入したとも言えます。

 筒井さんと亜星さんは同じ事務所で仕事をされていました。事務所に紹介された当時、編曲家志望だったので、それならば筒井さんの方が良いだろうということで、筒井さんに編曲を学びながら亜星さんにも度々仕事をさせていただいていました。もちろん当時はどちらも雲の上の存在で、気軽には話しかけられませんでしたが事務所の方々にも大変お世話になりました。今考えるとたくさんの人とお会いできてとても充実した日々でした。様々な思い出があります。記憶のある方もあると思いますが、エメロン(シャンプー)のCMで「ふりむかないで」というシリーズがあり、録音の手伝いに駆り出されてお手伝いした記憶が鮮明に思い出されます。スタジオでも上でエメロンの音取り、下でもグリコのプッチンプリンの歌入れと亜星さんは超多能な時代でした。数え上げればきりがないのですが、私にとっても楽しい時代でした。その後NHKの仕事「母と子のテレビ絵本」という番組の仕事で私が書いた曲を亜星さんに歌ってもらったことがあり、エレベーターで「私も還暦になった」という話をされたり、久々にお話しさせていただいた記憶が残っています。それも28年前なんだなあと新手めて時の流れを感じます。

 最近はJasracの総会で年に一度くらいしかお会いできませんでしたが、それもコロナでなくなり去年今年と会えないまま、亜星さんとのお別れになってしまいました。亜星さんからいただいた「絵のない絵本」というアルバムが家にまだ残っています。亜星さんらしい一枚のアルバムを大切にしようと思っています。合掌


ハイビスカス