2021年6月15日火曜日

またまたお別れ 合掌!

  私の人生の中で師匠と呼べる人が4人います。田舎で一から音楽を教えていただいた、押見先生、大学で作曲を教えていただいた溝上先生、そして大学後半からお世話になった筒井広志さんと小林亜星さん。筒井さんはかなり前に亡くなられ、次に溝上先生、そして大恩師である押見先生が亡くなられました。唯一残っていた亜星さんが、今年ついにあの世に引っ越しされて、師匠と呼べる人をついに失ってしまいました。考えてみればそんな年代に突入したとも言えます。

 筒井さんと亜星さんは同じ事務所で仕事をされていました。事務所に紹介された当時、編曲家志望だったので、それならば筒井さんの方が良いだろうということで、筒井さんに編曲を学びながら亜星さんにも度々仕事をさせていただいていました。もちろん当時はどちらも雲の上の存在で、気軽には話しかけられませんでしたが事務所の方々にも大変お世話になりました。今考えるとたくさんの人とお会いできてとても充実した日々でした。様々な思い出があります。記憶のある方もあると思いますが、エメロン(シャンプー)のCMで「ふりむかないで」というシリーズがあり、録音の手伝いに駆り出されてお手伝いした記憶が鮮明に思い出されます。スタジオでも上でエメロンの音取り、下でもグリコのプッチンプリンの歌入れと亜星さんは超多能な時代でした。数え上げればきりがないのですが、私にとっても楽しい時代でした。その後NHKの仕事「母と子のテレビ絵本」という番組の仕事で私が書いた曲を亜星さんに歌ってもらったことがあり、エレベーターで「私も還暦になった」という話をされたり、久々にお話しさせていただいた記憶が残っています。それも28年前なんだなあと新手めて時の流れを感じます。

 最近はJasracの総会で年に一度くらいしかお会いできませんでしたが、それもコロナでなくなり去年今年と会えないまま、亜星さんとのお別れになってしまいました。亜星さんからいただいた「絵のない絵本」というアルバムが家にまだ残っています。亜星さんらしい一枚のアルバムを大切にしようと思っています。合掌


ハイビスカス


2021年6月2日水曜日

いよいよ6月ですね

  あたふたとしているうちに6月になってしまいました。今年も後7ヶ月、去年からコロナコロナと言ってるうちに過ぎて行く毎日です。今年の前半はアルバムを作っていたのであっという間に過ぎ、そのうち学校が始まりあたふたとしながら気がついたらこの時期になってしまいました。リモートも良し悪しで、結構やることが多い!対面よりも手間がかかります。課題を出して対処してる分、その課題の処理で時間外労働が多い!学生の気持ちを考えるとこの状況をよりよく楽しく学んでもらうために善処しています。

 さて、世の中ではコロナワクチンの摂取で大騒ぎです。私も65歳以上なので摂取券は送られて来ました。ワクチンには懐疑的な私ですが一応基礎疾患もあるので受けておこうかとパソコンを開きましたが予約はなかなか取れず、まあそのうちなんとかなるだろうと思っていました。どうせ、摂取券を送るんだからその時点で番号を割り振ってスケジュールを決めればいいのにと思うのですが、神奈川県は送りっぱなしで自分で予約しなさいということらしいので予約日になるとちっとも電話もネットも繋がらない状態になってしまいます。ダメならダメでもいいやと思っていたら、昨日(2021/06/01)義理の弟のおかげでかかりつけ医で受けられることになった。ありがたや!!あした1回目をやって来ます。

 ここのところ雨が多くて梅雨かなと思いきや、まだ関東は梅雨入りしてないってことで散歩もあまりできていません。ってことは写真のネタもなかなか確保できません。家の周りでほぼ済ましています。幸い農業地区なので野菜の花や、雑草はそこそこ楽しめます。住宅地を回ってよその家の花なども楽しませていただいています。というわけで今回はウチの南天の木についた蕾!もうちょっとしたら可愛い花が開くと思います。鳥が運んで来て勝手に生えた南天ですが、紅葉も綺麗だし楽しませてもらっています。


我が家の南天の蕾



 

 



2021年5月5日水曜日

2021こどもの日

  今日(2021/05/05)はこどもの日。ということで今年もカードを作って見ました。例によってなんちゃってイラストです。いつまでが子供というのかその境界はわかりませんが、子供達への虐待などの悲惨な事件も後を絶ちません。世界中の子供達が幸せに暮らせるようにという願いを込めて見ました。

 歳をとってせいだと思うのですが、散歩で出会う保育園の集団に会うと、ちっちゃな子供達が可愛く見えてきます。おまけに教え子達が出産ラッシュで赤ちゃんの写真を送ってきてくれるので、余計おじいさんになった気分です。この子達が平和でスクスクと育って欲しいと願う気持ちも強くなってきました。

 さて、昨日(2021/05/04)はこのMac Book AirでChrome OSが動くようにして見ました。OSはSDカードに入れてあるので、再起動すればChrome Bookに変身します。しばらく楽しめます。まだ全然慣れていないのですが、もし使い勝手がよければChrome Bookの本物を試しても良いかもと思いつつあります。Stay Homeにはちょうど良い遊びですね。

 


2021年5月3日月曜日

新緑の季節

  五月も今日は3日ですねえ!早いものです。散歩をしていると木々の緑が美しく輝いて様々な緑でキラキラしています。美しい地球を感じますね。昨日(2021/05/02)は、テニスをやりに公園に行きましたが、急に黒雲が現れて1時間半しかできませんでした。早々に引き上げて帰って来ました。帰宅後ニュースを見ると、雹が降ったところもあったようです。近所の公園だったのですが、ゴールデンウイークということもあり、普通に混雑した風景でした。蔓延防止とか緊急事態宣言が出ているとは思えない混雑ぶりでした。都内ナンバーの車も見かけました。こんなところまでとびっくりしましたが、気にしない人だらけな感じでした。

 さて、間も無くこどもの日ですね。毎年カードを作っているので今年も何か考えようかな!なかなかアイデアがわかないし、イラストレーターでもないのでいつもなんちゃってな絵ですが、今日(2021/05/03)は描いてみようかなと思っています。

 この木なんの木木になる木、ということで世間を賑わしているのはオリンピックの可否ですが、こんなに迫って来て関係者は誰も何も言わないというのはどういうことですかね?この状況で出来ないと思うのは私だけでしょうか?日本国民の命を犠牲にしてまでやると言い張る政権や関係者!あと2ヶ月ちょいしかない時点で、なんのプランも示さないし責任のなすりつけあいでゴタゴタが続いていますね。コロナ対策も含めて、こんな無能な政権に任せて行くと自助どころか殺されてしまいます。子供達の将来を考えると、どこかで断ち切らないと日本は滅びます。

悠木昭宏のアルバム Blue Sky 下記のサイトで購入できます。Youtubeのバックグラウンド、動画のお供に是非ご活用ください。各種配信サイトはこちらです。

dヒッツはこちら mora レコチョク TuneCore Japan Apple Music OTOTOY mysound

こどものうたユニット YY@Duo ファーストアルバム「しあわせ」も好評発売中です。10曲入り 1000円(税込)送料無料です。シアワセ、チキンダンス、大きな古時計など

お申し込みは、コメント欄またはyoukiakihiro@gmail.comまで

ローズマリーの花


2021年4月16日金曜日

進む春

  ここ2、3日結構涼しいですね。4月も中盤をすぎ今日(2021/04/16)は後半戦突入な感じです。コロナも第3波が終わったと思ったら、新種の変異株の増殖が続いてまたまた怪しい雰囲気になってきました。このままいくと大学もリモートに逆戻りな雰囲気ですが、私たち音楽関係は飛沫感染の標的にされているので、今年も前期はリモートということになっています。他の科目で対面を始めたので、授業日の組み立てが複雑化しています。行政はそんなことを配慮に入れるはずもなく、新入生の混乱が続いていますがここにきて準備が整いました。学生は混乱の中でのスタートですが、負けずに頑張って欲しいと思います。

 さて今年1月から依頼を受けてインストのアルバムを作っていたのですが、ようやくリリースされました。各種音楽サイトで配信されています。10曲新たに作りました。完成するのに一月半ほどかかりましが、現実に配信されるとちょっと嬉しい感じです。歌物はないので、動画制作のバックミュージックとして、ドライブのお供にお勧めします。1曲づつ買うこともできるのでコスパは良いと思います。

アルバムタイトル Blue Sky 作曲・編曲 悠木昭宏 (配信元ヴェイスミュージック)

アーティストページはこちらです。Youtubeでも配信しています。こちらです。

 それにしてもCDが無くなりそうな雰囲気ですねえ。レコードに始まり、カセットテープ、CD,DAT,MDなど様々なメディアの歴史がありました。最近はアルバムもネットに移行してしまいました。老人としてはなかなかついて行くのに大変ですが、頭を切り替えないとおいていかれるので、悩ましいところです。

 昨年から続けているこどものうたユニット「YY@Duo」も続けています。おかあさんといっしょの月歌をカバーして歌い始めました。12曲めの新曲は「しまうまグルグル」、こちらもYoutubeに4月15日にアップしました。音楽だけ作るのは全然楽勝なのですが、アップするときの絵を書くのが結構悩みます。この曲は、早口言葉の楽しい歌です。是非挑戦して見てください。この曲を作った作詞の遠藤幸三さんも作曲の乾裕樹さんも、他界されてしまいました。思えばおかあさんといっしょに関わってから、ずいぶん多くの作家の方が他界されました。作家同士はあまり面識はありませんが、スタジオでちょっとお会いしたり、コンサートでお顔を拝見するくらいで個人的な面識はほぼありませんが、なんだかさみしくなってきました。そんな方達の素敵な歌を、残したいというのもYY@Duoを立ち上げた理由です。

しまうまグルグルはこちらです。


青空とハナミズキ




2021年3月31日水曜日

春爛漫の3月終わり

 今年は少し暖かくなるのが早いんですかね?今日(2021/03/31)は3月の終わりですが、5月の気温になっています。桜も少し早かったようです。散り始めた花びらが温かい風に舞って降り注いでいます。明日から新年度ですね。大学も4月中旬から始まります。去年リモートになってから1年経ちましたが、状況はあまり変わってなく今年もほぼリモートですぎていく気がします。なんの対策もせず、馬鹿の一つ覚えのように飲食店の時短営業、1年以上経つのに検査の拡充もどこへ行ったのやら何もせず。何か起こっても「すみませんでした」と口先の謝罪で丁寧な説明もなく、責任も取らず、時の過ぎ去るのをじっと待つだけの無能な人たち(それが戦略なんだろうが)これじゃあ感染者は減りませんね。

 さて、ちょっと文句を言ったところで外を散歩すると花々が我先にと咲いています。我が家の何もない庭でも、ドウダンの花がつき、ツツジも咲き始めました。スノーベルはまだ咲いているし、その辺に居着いた野草も花がつき始めました。コロナがあろうが、社会が変わろうが自然はちゃんとその時期になると同じことを繰り返しています。10年ひと昔と言いますが、それを8回もやれば人生の終わりになってくる。友達の中には、8回も繰り返さずあの世に引っ越してしまった人もいます。10年の速さを体感する歳になってみると、人生の短さも強く感じます。

 毎年、同じ年齢の若い人がやってくる大学ですが、こちらはどんどん歳が離れていく感じです。10年前に教えた学生たちも、それぞれの道を進んで、家庭を持って、すでに新しい命が生まれた人も数多くいます。最近赤ちゃんの写真が多くなってきた私のライブラリー。楽しみの一つでもありますが、時の流れの速さを感じる時でもあります。

外は桜満開



 

2021年3月19日金曜日

きみにあいたくて

  3月のお彼岸の入りがすぎて、間も無くお彼岸です。亡くなった親友の納骨がお彼岸までには済ませるというのを伺っているので間も無くだなあ〜と思っています。お彼岸が近づき改めて友人を偲んでいます。納骨が終わったらお参りに行きたいとずっと思っています。詳しい情報がないのでなんとも言えませんが、あまりにも急すぎた死だったので最近コロナも関係しているような気がしてなりません。(あくまでも推測です)

 自分には関係ないと騒ぐ人達の映像を最近見ていると、日本人のモラルの低下が目につきます。もちろん一部の人でしょうが、こんなにもたくさんの人が外に出てしまう様子を見ていると、質の低下がとても気になります。犯罪も社会を反映しているものがとても増えているような気もします。若者に限らず老人もちょっとおかしくなっています。何よりも政治家や官僚のモラルの低下も著しいものがありますね。アベ政権になった時、これは世の中が壊れて行くと予測していましたが、コロナも加わりスガ政権になっても風潮は変わりません。自分の行動に真摯に向き合い丁寧な説明ができる人間でありたいと思います。(本当の意味で)

 さて、題名で「きみにあいたくて」と書いたのは、このうたはコンサートなどでも使うおかあさんといっしょの月歌なのですが、それとは関係なく題名に自分の心を反映して歌って見たからなのです。おかあさんといっしょをやり始めてからもずいぶん多くの作家の方々が他界されてしまいました。先日届いたJasracの会報に出ていたのは「しまうまぐるぐる」を作詞された遠藤幸三さんという方です。私と同い年でした。友人も同い年だったので、もうそんな歳なんだと改めて認識しています。人生の長さは人それぞれですが、同い年の人が亡くなるとどうしても意識してしまいます。「しまうまぐるぐる」は大好きな歌なので、これも歌ってみようと画策しています。「きみにあいたくて」をYoutubeで公開しています。お聞きいただければ幸いです。