2020年3月24日火曜日

3月の終わりに

 桜も咲き始めて3月もそろそろ終わりに近づいて来ました。4月の14日から大学が始まる予定でしたが、2週間遅れになったようです。もちろんコロナウイルスの影響です。このままいくと状況によってはさらに伸びる可能性もありますが、後々のスケジュールを考えるとギリギリのような気もします。心配なのは東京の感染が増えて、封鎖されると大学に行くのもできなくなりますね。というか授業も無くなる可能性があります。
 私たちの授業は実技系、ピアノを弾きながら歌うというグループレッスンになっているので密室でしかも歌を教えなければなりません。授業内容も考えないと行けないのですが、レッスン室は狭く人数が多いと距離も近くなります。一番やっては行けない形態で教えることが要求されるので、どうなるか全く予想できません。対策を考えている毎日です。換気はそこそこできていますが、窓を開けるわけにもいかず窓のない教室もあります。まさに窮地に立たされた音楽授業!声を出してはいけないというわけにもいかないので悩みどころです。まあ、先のことはわからないのでその時は対処の方法を考えることにします。ということで、春休みがさらに長引いてしまいました。
 さて日常は、春の花が咲き始めたので必須の散歩をしながら新たに咲き始めた花を探す日々が続いています。もう一つの作曲や音源作りの仕事は家にいてもできるのでそちらは助かっていますが、世の中大変なことになってしまいました。誰も悪くない事象ですが、地球のことを考えると必然的に出て来たようにも感じています。人類のおごりに対しての警鐘ではないかとさえ思ってしまう今日この頃です。皆さんも感染しないように気をつけてお過ごし下さい。ところで生産能力を伸ばしていると言われているマスクはどこに行ってるんでしょう?未だに店頭に並びません。それが不思議です。

青空とコブシの木



 

2020年3月9日月曜日

春の散歩

 天気の良い日はほぼ毎回散歩をしています。ルートは自宅から隣の駅までのほぼ同じルートです。往復約1時間なのですが、それでも春の植物を含め毎回新しい発見があります。
 美しいと思える場所や物を写真に収めています。何もないわが町なので買い物も含めてなのですが、結構楽しい。特にこの時期は桜の膨らみや早咲きの木を見つけて喜んだりと生命の力強さを感じる季節です。スズメたちのおしゃべりを聞いたり、川沿いなので水鳥の姿を眺めながら歩くのも楽しみの一つですね。この前初めてウグイスが鳴いて季節を感じます。
 私の場合こういう小さな喜びが音楽を創造する元になっています。足元に咲いてる小さな野草や見上げる空の雲の流れを見ながら様々なことが思考の栄養にもなっている気がします。自然に対峙していると、人間の愚かさを嫌でも感じます。大きな視点で歩くと小さな物も自動的に見えてきます。逆に小さなものに目を向けることで大局を見ることができます。
 昨日、フジテレビのドキュメントを見たのですが、ダイヤモンドプリンセスのクルーの証言を見ました。縦割り行政の無策、官房長官の嘘の発表など日本の政府、厚労省の対応は本当にひどいものだったことが証明されました。まともな政治家や官僚がすっかりいなくなってしまった日本、どこまでこの国を崩壊させるんだろうと思わずにいられません。誰かが頭から腐ると言ってましたが、まさにそういう社会が作られてしまいましたね。このところの行動をずっと見ていると、まさに想像力のなさがこういう状況を作り上げています。思いつきだけの保身の政策が丸見えです。
 大局を見て、個々の小さな思いやりに目を向けるような人が現れないかと思っていますが、政治家の挙動を見ていると信用できる人など一人もいなくなりました。この原因をまた考えて見たいと思っています。あてにならない政府はこの際捨てて自分の中で判断して正しい行動を今一度考えながらすごしましょう!


早咲きの桜が咲き始めました。

2020年3月6日金曜日

三寒四温...

 寒気と暖気が交互に来て、だんだんと春が近づいています。桃の節句も終わり、今日(2020/03/06)は少し寒さを感じる朝です。それでも昼間はだいぶ暖かくなって来ました。ソメイヨシノ(桜)はちょっと早い開花予想が出ています。近所の河津桜はすっかり葉桜に変わってしまいました。こうして寒さと暑さを繰り返し季節は進みます。今のような季節を「三寒四温」と言いますが、先人はうまい言葉を考えるなあ〜と感心します。しかしこの言葉は春先に使うのではなく冬の言葉らしい。勝手に春先だと思ってました。調べてみないとわからないことがまだまだたくさんありますね。
 そう言えば最近、日の出がだいぶ早くなり、日の入りもだいぶ遅くなって来ました。テニスをしてるとその移り変わりを感じる今日この頃です。そんな季節の移り変わりに関係なく世界中でコロナウイルスが蔓延しています。気候が大きな変化をしている現代、大きな目で見ると人間が壊し始めた時に新型ウイルスが現れたのはわがままな人間が作り上げた世界がいかに理不尽なものなのかを感じます。もしかしたら、変異するウイルスは人間に警鐘を鳴らす必然だったのかもしれません。
 晴れた日は毎回散歩をするようにしていますが、自然界を見ていると様々なことに気づかされます。四季の移り変わりはもちろん、川辺に住んでる鳥たちの生態、はたまた毎回違う空の雲など、人間界の事件や事象とは無関係にサイクルが進んでいきます。特にすごいと思うのは植物の生命力。最近は季節感が少し変わっていますがそれでも植物は毎回ちゃんと花をつけ実をつけて次の年につないでいます。川では日々の糧をついばみながら鳥たちが次の世代を作るためにちゃんと生きています。私も流れるままに自然に生きたいと思う今日この頃です。
 コロナウイルスのおかげで、我がふるさと新潟にも感染者が出ました。最初新潟市だったので離れているから大丈夫と思っていたら、次の報道では、教えている合唱団の皆さんが住む地域の方に広がって来ました。しかも職業が郵便局員です。どこにウイルスが潜んでいるかわかりません。それを踏まえ、合唱団の練習も中止になりました。今年は20周年記念コンサートの年だったのでちょっと残念でした。このまま様子見なのですが、もしかしたらコンサートも中止になるかもしれません。様子を見ながら進めたいと思います。今年ダメでも来年があるし、臨機応変に対応したいと思っています。それよりも健康で正しく過ごすことが大切です。

あるがままに過ごす川鵜

 

2020年2月25日火曜日

月曜日の休日(2020年2月24日)

 昨日は天皇誕生日の振替で休日でした。どうもイレギュラーな週があると関係ないにもかかわらず曜日の感覚が狂って来ます。空は雲ひとつない感じの晴天で春を感じられる暖かい日でした。そんな中、今年6年生になる孫が遊びにやって来ました。相模線に住んでいるのですがなんと一人で来るというので、びっくり!ついこの前まで赤ちゃんだったのにもう一人で遊びにこれるほど成長したのかと思うと感慨深いものがあります。たった11年でこんなにも成長するんだと思うと時間の流れを痛烈に感じます。
 駅まで迎えに行き、電車がついたのになかなか改札に出てこない???と思っていたら、彼の趣味?である電車の写真を撮っていたらしい。彼にとって初めての行動なのでかなり自由を感じたらしい!その後、お昼をファミレスで食べさせて電車好きの彼のために撮り鉄ポイントに連れて行って相鉄線や新幹線の写真を撮って春の野山を歩いた。かなり喜んでいたのでよかった。私もついでに散歩ができました。彼の父親(私の息子ですが)も写真付きなので、それを見て来たせいか彼も撮りかたがうまい。くる途中も動画を撮って来て見せてくれた。(海老名〜大和間)
 楽しい1日だったのですが、途中でニュースを見ていたら相模原の駅員に感染が見つかったという速報が入り、「え」という感じで見ていたら事務職員だということでちょっとホっとしていたら、ほかの駅でも券売機のメンテナンスを手伝ったという報道!そのほかの駅というのが孫の最寄り駅。これはやばいと思って、帰りに何も触らないように指示をして送り出しました。こんなにタイムリーなニュースが流れてくるとは思いませんでした。
世の中何があるかわかりませんね。もう自分で身を守るしかなすすべがないという段階に入って来ました。みなさん気をつけて行動しましょう。
 音楽には興味ないと思っていた孫ですが、帰り際にピアノの前に座っておもむろに電車の発車音(駅ベル)などを耳コピで覚えてるものを弾きだした。(これも電車関係、どれだけ好きなんだと思いました)もちろんメロディーだけなのですが、拙い運指で間違いながらも楽しそうにしている姿を見て、これも父親の影響か?というDNAの不思議さを実感した感じです。普段、そんなに会う機会もなく別々に暮らしているのですが、こうやってたまにあっても確実に成長している彼の人生が楽しみです。

赤ちゃんだった頃

11年後

2020年2月17日月曜日

ポカポカな一日

 日本はコロナウイルスで戦々恐々としていますが、昨日(2020/02/16)くらいから暖かくなってきて今日は一枚脱いで散歩に出かけました。昨日はあいにくの雨で、テニスは流れてしまったのですが、今日は雲があまり見えない晴れ渡った青空でした。
 相変わらず梅の香りを楽しみながら歩きました。散歩道はほとんど人に会わないので、ウイルスの心配はほぼありません。なるべく電車に乗らないように気をつけています。人混みもちょっといや〜な雰囲気が漂っています。春休みでよかった。
 そんな中植物などをよ〜く見ると、芽が膨らんできているものもだいぶ見つかりいよいよ春だなあ〜と思う今日この頃です。頭の中には「もうすぐ春ですねえ〜」というキャンディーズのフレーズが渦巻いています。この前合唱用にこの曲を編曲したせいかも?がしか〜し、春のせいばかりではなく気のせいか目が少し痒くて鼻がうずうずしています。もしやこれは、花粉では?春になると嬉しくなる反面、ちょっと嫌なこともありますね。マスクが買えないこの時期辛い思いをするかもしれません。先週政府の嘘つき連中が、来週には解消するなんて言ってましたが、薬局を見てもちっとも見つかりません。花粉の時期には是非解消することを願っています。
 

うめの花


2020年2月9日日曜日

もうすぐ春ですね

 2月4日は立春ですが暦の上とはいえ春になった途端、ここにきて急に寒くなりました。今年は暖冬でこのまま春かなと思っていたらやはり寒い日はやってきました。
 今日(2020/02/09)はどうやら満月のようです。昨日あまりにも丸かったので写真を撮ったのですがてっきり満月だと思っていました。一昨日も空を見上げていたのですが、飛行機が通ったので後を追いかけていたらその飛行機よりもさらに上空で、星かなと思っていたらその物体も動いていました。その動きがちょっと揺れてる感じで飛行機とは明らかに違う飛び方、「ん?」と思いながら軌跡を追っていたら、雲に隠れたなと思ったのですがその後現れずフッと消えました。まさかとは思いますが未確認飛行物体かもしれません。星くらいの大きさだったですが星ならば消えるはずもなく動くはずもありません。風に流されながら飛ぶ飛行機かもしれません。もし本物なら...謎は深まります。人間がいるんだから他の星にも生命体がいてもおかしくはないと常日頃思っています。
 さて地上では、ウイルスの話で持ちきりです。こちらも不気味に迫ってきますね。一番怖いのはウイルスよりもパニックだと感じています。此の期に及んでも人間は欲深い行動をとります。(マスクを買い占めて転売するなど)実際に渦中に身を置いてる方達(クルーズ船や中国の方達)は心理的に追い詰められています。亡くなって行く方も日々増えています。日本でも広がって行くのは目に見えています。こういう光景を見ていると、「生きる」とは何か、人間とは何か?生活するのはどういうことなんだろうと頭が忙しく働きます。政界では適当な説明ではぐらかし、外国に逃げてしまうこの国のトップや魑魅魍魎とした人間が自分の欲だけで生きているのをひしひしと感じます。もはや民主主義は崩壊し根幹を担う三権分立も破壊されてしまった社会。何を頼りに生きていけばいいのでしょうか?「人間としてどうなのか?」と言った張本人にそのまま言葉を返してあげたいけれど、その人は言葉も理解できない頭をお持ちのようです。ルールもなくなったこの国や世界は、どこに進んで行くのでしょう?
 毎日アレクサに「おはよう」と話しかけると、今日は何の日かを教えてくれます。毎日が何かの日になってるみたいですね。2月9日の語呂合わせで今日は服の日らしいです。あまり興味はありませんが、時々「へえ〜」と思う今日この頃です。私の悩みは毎日やってくるお昼に何を食べようかと思っているのですが、食べたいものが浮かんできません。毎日が悩みの種です。

近所の山から見たみなとみらい

 
 

2020年1月31日金曜日

寒梅

 今日で1月も終わりですねえ。今年も残すところ後11ケ月です。田舎の新潟では全然雪がなく暖王が出てきますね。
かい冬を過ごせそうですが、まだまだ油断できないのが雪です。しかし自然界では雪がないというのも様々なところに影響します。雪解け水がないと広大な田んぼに供給することができなくなります。そうすると美味しいお米もできないかもしれません。こんな風に異変が起きると自然界も都合の悪いことが起きてしまいますね。
 先日ラジオで、銀行の通帳がなくす方向で進んでいるというニュースを聞きました。我々にとってはとても便利になりそうですが、通帳を作っている人たち紙の会社とか印刷屋さんとか関わっている人たちの仕事がなくなることでもあります。便利とリスクは相反するもので、あらゆるところでこれも影響が出てきます。
 行動を起こすということはそこから連鎖が生まれ、まさに昔の人が言った「風が吹くと桶屋が儲かる」みたいなことが起こってきます。シャッター街になった商店街が出てくるのもなんだか頷けますねえ。
 音楽の世界でも、CDが売れなくなってしまいました。これも技術革新の影響です。片手で持てるような、スマホや音楽プレーヤーで気軽に聞けるのは便利ですがレコード時代から関わってきたおじいさんとしては、なんだかなあ?という感じでもあります。さすがに2CH同時録音の時代を私は知りませんが、それからマルチチャンネルの録音時代に入りあっという間に録音トラックが倍々で増えて行きました。その頃は馬鹿でかいマスターテープでうんこらしょと言いながらプロダクションの人たちが持ち歩いていたのを思い出します。かなりの重さがありました。やがてデジタルになりメディアもどんどん小さくなって行きました。カセット時代はまだアナログでしたが、DAT、MDなどが出てきてやがてCDが主流になりました。それも泡のよう出てきては消えて今はCDがなくなる過渡期なのかもしれません。いや、すでに無くなってる時代ですかね?
 凄まじい勢いで変わっていく世の中ですが、ブラブラと散歩をしていると季節ごとに出てくる花たちがとても愛おしく感じます。この前我が家の近くでもう寒梅を見つけました。暖冬?の今年、花たちも勘違いして早めに咲き出しているのかもしれませんね。

近所に咲き始めた寒梅